So-net無料ブログ作成

水仙の生花(しょうか)3本生け [華道]

(池坊 生け花日記 第61・62回)

今回は水仙の生花(しょうか)です。

2015-01-17-syouka.jpg
水仙は葉っぱの曲線とねじれ具合が優雅な感じで好きです。

管理人のレベルではちょっと難易度が高い花材ですが、この時期しかできない花材ということでチャレンジしてみました。

まずは用意された水仙を一旦ばらします。
水仙は根元に白い帯のような部分があります。この部分が花と葉っぱをたばねているので、まさに帯の役割をはたしているのですが、池坊では「ハカマ」と呼んでいます。

2015-01-10-syouka2.jpg
水仙の「ハカマ」部分。花の茎と葉っぱを一旦抜いて長さをそろえたあと、またこの部分に差し込みます。

この「ハカマ」を持って、ゆっくり、ゆっくり花の茎を抜きます。
花の茎が抜けたら、こんどは葉っぱを抜きます。葉っぱは2枚ずつのペアが2つあります。

つまり、水仙は葉っぱ2枚のペア2つと花を「ハカマ」が根元で束ねているという構造になっています。

        (花)        
(葉っぱ2枚)+(茎)+(葉っぱ2枚)
(       ハカマ       )

花と葉っぱを抜いたあとの「ハカマ」は、例えるならうすくて小さい“ちくわ”みたいな状態です。

で、バラした後に花と葉っぱの長さをそろえて、再び「ハカマ」に差し込んで(!)いきます。

花の茎も葉っぱも柔らかいうえに、「ハカマ」もフニャフニャなので、この差し込む作業が、まぁ、難しいこと!
正直、途中でもうやめようかと思いましたよ。

1回目はほとんど先生に差し込んでいただいて、管理人は見ていただけでした。(汗)

とはいえ、何度かやっているとだんだん入れ方のコツみたいなのがわかってきました。

2015-01-10-syouka.jpg
もう1〜2回やったら、うまくなるかも。

そういえば、「なんか、ネギみたいですよね」
なーんて話しをしながら生けていたんですけど、水仙はけっこうな毒があるらしいのでご注意を。



お正月用の盛花(松、ストレリチア、カラー、千両) [華道]

(池坊 生け花日記 第59・60回)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今回はお正月用ということで、松と千両を使った盛花(もりばな)です。

2014-12-27moribana.jpg
いかにもお正月用花材の松と、赤い実の付いた千両です。

色の組み合わせとしては、基本部分が松の緑と、千両の赤です。
それにストレリチアのオレンジと、カラーの白を加えて華やかなイメージにしています。
もちろん組み合わせを考えたのは先生ですよ。

管理人はキツネに見えますけど、オレンジ色のストレリチアは「極楽鳥花」とも呼ぶようです。


恥ずかしながら旧年中の作品の更新がひとつ間に合いませんでした。(汗)
ちょろっとご紹介しておきます。

2014-12-13syouka.jpg


研究会(自由花:赤づる、ユーカリ、カーネーション) [華道]

(池坊 生け花日記 第57・58回)

今年もあとわずかになってきましたね。
年内に片付けないといけない仕事や用事がだんだんと切羽詰まってきまして、ひさしく放置状態になってました。(汗)

12月7日に御茶ノ水で研究会がありました。
課題は自由花(赤づる、ユーカリ、カーネーション)です。年末でみんな忙しいのか、参加者は少なめでした。

課題自体は何度か練習しましたので、とくに戸惑うこともなく出来ました。

2014-12-06jiyuuka.jpg
研究会前、最後の練習。残念ながら研究会の作品は撮影に失敗したのでありません。

研究会の結果は「黄色」でした。個人的にはイマイチだなあと思っていたので黄色でもありがたいです。



自由花(赤づる、ユーカリ、カーネーション)3回目 [華道]

(池坊 生け花日記 第56回)

今回は赤づるの形を変えてみました。
というか、前回、前々回と同じように輪になるように生けたんですけど、今回の赤づるはいまいち曲がりぐあいの面白いものがありませんでした。

で、なんか今日はいまいちだな~と思いつつ、先生に見ていただきました。
その結果が下の画像です。

2014-11-29jiyuuka.jpg
自分が生けたものとは全然別モノです(汗)

自分が生けたのとは全く違う生け方になりました。
こういう赤づるの使い方もあるんですね。

赤づるは毎回、花材のコンディション(曲がりぐあいや太さ)が全然違います。
その場で花材に合った生け方を考えないといけないんでしょうね。
難しいですが、面白いところでもあります。



自由花(赤づる、ユーカリ、カーネーション)2回目 [華道]

(池坊 生け花日記 第55回)

今回も赤づる、ユーカリ、カーネーションの自由花でした。
12月の研究会の課題なので、今回と、あともう2回練習する予定です。

赤づるは前回で大体使い方がわかったので、今回はすこし気が楽でした。

2014-11-08jiyuuka.jpg
わりと上手くいったかな、思っていたんですが…。

と、油断していたら大失敗が…。(汗)
花器に商品名かメーカー名のシールが付いていたのですが、それを正面にしたまま生けてしまいました。
本来はそういうのは見えないように裏面にするそうです。

例えるなら、すんごいきれいな服なのに、値札とかクリーニングのタグが付いてた!みたいな状態らしいです。これは恥ずかしい。orz
いろんな方々にツッこまれてしまいました。



自由花(赤づる、ユーカリ、カーネーション) [華道]

(池坊 生け花日記 第54回)

今回は赤づる、ユーカリ、カーネーションの自由花です。
赤づるをどう使うかがポイントなのですが、初めて使う花材なので苦戦しました。赤づるっていってもほとんど茶色ですけどね…。

2014-11-01jiyuuka.jpg
生け込み中は不安でしたが、出来上がるとそれっぽくなりました。

赤づるはもともと150センチくらいのグニャグニャした状態で用意されているんですが、曲がり具合の面白いところを40~50センチずつカットして針金でつなぎます。

丸い葉のユーカリは、ユーカリといってもコアラが食べるのとは違う種類のものだそうですよ。

デザイン的にはカーネーションが主役(?)だと思うんですが、技術的には、やはり赤づるでどれだけ面白い曲線をつくれるかだと思います。

なんかこう、主役のカーネションは今が旬のアイドルで、脇役の赤づるがベテラン俳優のテレビドラマ的な、そんな気がしました。


生花(葉蘭9本生け) [華道]

(池坊 生け花日記 第53回)

前回は葉蘭(はらん)の7本生けで生花(しょうか)の練習でした。
今回はさらに2本増やして9本生けです。

ざっくり言うと、
真(しん)が3本、
副(そえ)が3本、
体(たい)が3本で、合計9本です。

画像ではカメラのアングルが少し悪くて、真(しん)の後ろあしらいが微妙に隠れてしまっていますが、葉蘭の葉っぱが9枚あることがわかるとおもいます。

でも、根元はまるで1本みたいでしょう?
これがすごいんですよ。
9本の葉蘭をこれだけキッチリ1本に見せられるとは、さすが先生です。

2014-10-25haran.jpg
上の画像は先生に手直ししていただいたものです。自分の生けたものとは別物になりました…(汗)


生花(葉蘭7本生け) [華道]

(池坊 生け花日記 第52回)

今回は葉蘭(ハラン)の生花(しょうか)7本生けです。
ごらんの通り花は無く葉っぱだけの地味な“生け花”ですが、すごく勉強になります。

2014-10-18haran.jpg
運んでいるうちにバラバラになってしまいました(汗)。

葉蘭の葉はお寿司の仕切りにも使われるそうです。
来週は2本増やして、葉蘭9本生けにチャレンジします。



研究会(自由花) [華道]

(池坊 生け花日記 第51回)

3週に渡って練習してきた自由花(ガーベラ、カスミソウ、アレカヤシ、藤ヅル)ですが、いよいよ本番です。

会場は御茶ノ水の「池坊 お茶の水学院」。当日は台風18号の影響もあってかなりの雨でした。

自由花はテープとか、針金とか、ペンチとか、持ち物が多いので、ちとへこみましたけど、まぁ、「雨降ったんでキャンセルします」ってわけにもいかないので一応予備の靴下を持ってでかけましたよ。
剣山も大小2つ持って。

2014-10-05jiyuuka+.jpg
評価は黄色をいただきました。

出来上がりを見ると、我ながら無難にまとめたなーという感じ。
一番前の藤ヅルをもう少し左にふればよかったかな。思いっきりガーベラの邪魔してますね(汗)

自由花は同じ花材でも生ける人によって全然違う作品になります。
本当は他の方々の作品もゆっくり拝見したいんですけど、講評が終わるとすぐ片付けになってしまうのが残念です。





自由花(ガーベラ、カスミソウ、アレカヤシ、藤ヅル) [華道]

(池坊 生け花日記 第50回)

今回も自由花(じゆうか)です。
花材は先週と同じくガーベラ、カスミソウ、アレカヤシ、藤(とう?)ヅル。
今回は花器を縦型にしてみました。

2014-09-27jiyuuka.jpg


ちなみに前回は、こんな感じ。↓

2014-09-20jiyuuka.jpg

どちらも捨てがたいです。
さて、研究会はどっちにしよう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。