So-net無料ブログ作成
検索選択

日本橋三越 花展 初出瓶 [華道]

(池坊 生花日記 第84回)

日本橋三越にて、9月2日から7日まで開催された『いけ花の根源 池坊展 — 花逍遥 —』に初めて出瓶(しゅっぺい)しました。

管理人は4日(金)・5日(土)の二日間だけの展示でしたが、それでもけっこう大変でしたね。

2015-09-04_084_mitsukoshi.jpg
与えられたテーマは「土」。茶色のクラフト紙で「土」と「地層」を表現しました。

与えられたテーマは自由花の小品で「土」を表現するというもの。
花器に土器を使ったらどうかとか、茶色の紙で土や地層を表現したらどうか、とか考えましたが、最終的に紙を使うことになりました。

展示自体は4日(金)からですが、生け込みは前日の3日(木)の日本橋三越の閉店後19:45から22:30まででした。

管理人の作品は小品なので1時間ほどでできましたが、立花(りっか)や大きな作品の場合はきっとギリギリ22:30までかかるんじゃないでしょうか。

2015-09-04_085_mitsukoshi.jpg
テーマ「土」の小品コーナー。管理人の作品は一番左側です。

さらに、生け込みの翌日4日(金)は、開店前8:00から9:45まで手直しの時間があります。管理人も7時前の電車で行きました。

聞いた話では、遠方から来ている出瓶者は生け込みは遅い時間だし、翌日の手直しは朝早いしで、ホテルを予約する場合もあるそうですよ。大変だ…。

次の5日(土)も、8:00から9:15まで手直しの時間があるので、二日連続で朝7時前の電車。この日はコスモスとオミナエシを交換しました。そのままでも1日持ちそうだったんですけど、中に針金を通してるし、一応念のため。

そして日中は別の用事とかお稽古(!)をして、夜は再び日本橋へ行くという強行スケジュール。

2015-09-05_086_syouka.jpg
昼間のお稽古はオクラレルカとナデシコの生花。

午後のお稽古の後は、三越の閉店を待って19:15から撤花(てっか)です。花展などの作品の後片付けを撤花と言うらしいです。業界用語ですね。

撤花はバラすだけなので30分もかからずに片付きました。
ふう。やっと終わった。
となりの出瓶者の方は「明日は研究会だあ」と言ってましたよ。みんな忙しいなあ。

いろいろと大変でしたけど、管理人のレベルではなかなか出瓶できる機会はないと思いますので、いい経験になりました。



リアトリスの生花(しょうか)一種生け [華道]

(池坊 生花日記 第80・81・82・83回)

まだまだ記事の更新が追いつきません(汗)が、今回はリアトリスの生花(しょうか)一種生けです。研究会の課題でもあります。

2015-07-04_080_syouka.jpg
リアトリスは9本使用します。真(しん)3本、副(そえ)3本、体(たい)3本です。

リアトリスもやはり、前回のグラジオラスと同様に6月から8月が旬の花です。

リアトリスはグラジオラスとは違って茎を曲げることができます。
とはいえ、突然ポキッと折れるので、かなり慎重に曲げないといけないんですが。


2015-07-11_081_syouka.jpg
お稽古2回目。

2015-07-25_082_syouka.jpg
お稽古3回目。いよいよ明日は本番の研究会です。

研究会前に3回練習して、だいたいコツがわかってきました。
リアトリスは曲げたいところに爪でキザミを入れると、だいたい思い通りに曲げられます。


2015-07-26_083_syouka.jpg
評価は緑をいただきました。

本番の研究会ではすごく順調に進んでしまって、30分くらいで生けこみが終わってしまいました。
1時間も時間が余ってしまって、けっこうつらかった…。


タグ:生花

グラジオラスの生花(しょうか)一種生け [華道]

(池坊 生花日記 第78・79回)

だいぶブログの更新が滞りがちで、いまさらですが…。
今回はグラジオラスの生花(しょうか)一種生けです。

グラジオラスは6月から8月くらいが「旬」の花らしいので今頃記事を書くのもちょっとアレなんですけど、一応お稽古の記録ということで。(汗)

2015-06-13syouka1.jpg
ちょっと花がさみしいですが、いい感じにできました。(と思う)

個人的にはグラジオラスはみずみずしい感じがして好きな花です。

グラジオラスの茎は柳のように自由に曲げられません。
ですので花の傾き具合は剣山にさす角度で調節するしかないのですが、逆にそこが楽というか、簡単でいいですね。

さした後に茎をグイグイと曲げてきれいな曲線を作らなくていいですから、初心者向き(?)という気もします。

2015-06-27syouka2.jpg
2回目のお稽古。こちらは前回に比べて葉っぱが細い(!)です。



ヒマワリ、かすみ草、ナルコランの自由花 [華道]

(池坊 生花日記 第74・75・76・77回)

今回はヒマワリ、かすみ草、ナルコランの自由花です。
5月の研究会の課題でした。

3種類の花材に加え、パイプストリングというビニール製(?)のチューブを使います。

2015-05-09jiyuuka.jpg
1回目。パイプストリングを何本かまとめて帯状にした後、形を作りました。

パイプストリングは直径2ミリくらいのフニャフニャした素材です。色は青と黄色の2種類です。そのままでは柔らかすぎて形が作れません。

そこで、パイプストリングの中に針金を通して形を作ります。
何本かまとめて使ったり、曲げてみたり、どんな形にするかは自由です。

2015-05-16jiyuuka.jpg
2回目。稲妻みたいな形はやめて、三角形だけになりました。

自由花は何をやってもOKなので、「これでいこう!」って形が見つかるまでが大変です。
なんと言うか、判断のよりどころがないので「これでいいのか」「もっといい形があるんじゃないか」と考え始めるとキリがないですね。

2015-05-23jiyuuka.jpg
3回目。三角形がだんだん船みたいな形になってきました。

パイプストリングで作った三角の一辺をわざと閉じないで船みたいな形にしましたが、これ、作るのが一苦労なんですよね。
とはいえ見た目のインパクトはけっこうありそうなので、本番はこの形でいくことにしました。

2015-05-24jiyuuka.jpg
研究会の評価は「緑」をいただきました。

本番の研究会では、黄色の「船」はバッチリうまくいきました。
いままでで一番の出来栄えで自分でも惚れ惚れするくらいだったんですが、青色の「船」のほうがヨレヨレに…。orz

作りなおしはもちろん、修正してる時間もないのでそのまま続けてしまいました。
個人的にはダメダメな仕上がりになっちゃったなーと思っていたのですが、評価は意外にも緑をいただきました。



バラとオクラレルカの生花 [華道]

(池坊 生花日記 第73回)

今回はバラとオクラレルカの生花(しょうか)です。
オクラレルカの葉っぱはアヤメやカキツバタにそっくりですね。

ネットで調べたら沖縄県の大宜味村がオクラレルカの栽培で有名なんだそうです。
じゃあ、この葉っぱもはるばる沖縄からやってきたんでしょうか。

20150425syouka.jpg
緑と赤の組み合わせがちょっと強烈です。反対色の組み合わせですし。

オクラレルカの葉っぱは先端が必ずどちらかに曲がっています。
曲がっている方向を合わせてペアで使います。

20150425syouka2.jpg

葉っぱの先端が曲がっているという特徴はアヤメもカキツバタも同じです。
先端が必ず曲がっているなんて、生け花を始めるまで全然気づきませんでした。


そういえば、そろそろ明治神宮御苑の花菖蒲の季節ですね。
運がよければタヌキにも会えますし、明治神宮はおすすめですよ。

明治神宮花菖蒲特集ページ(明治神宮 公式サイト)





リアトリスの生花 [華道]

(池坊 生け花日記 第72回)

今回はリアトリスの生花(しょうか)7本生けです。

20150418syouka.jpg
爪で曲げる作戦がうまくいきました。爪が黒く汚れるのがデメリットですが(笑)

たしか、去年もいまごろ生けた記憶があります。
去年は初めてだったので曲げるのにだいぶ苦労しました。

リアトリスは弾力がない硬い茎なので、ヤナギみたいには曲げられません。そこで、今年は親指の爪を使って茎に「切り込み」を入れて曲げてみました。
もちろんやり過ぎると折れちゃうわけですが、個人的にはうまくいったと思っています。
これからリアトリスはこうやって曲げよう。

ちなみに去年の作品はこちら。上の画像と比べるとやはり1本1本が直線的で、曲げきれていませんね。

004-ikebana-syoka.JPG
画像ではわかりにくいですがこちらは9本生けです。




リンショウバイの生花 [華道]

(池坊 生け花日記 第71回)

今回はリンショウバイの生花(しょうか)です。
更新が滞っていましたので、だいぶ前に生けたネタになっちゃいましたけど(汗)

リンショウバイは漢字では「林生梅」と書くそうで、ニワウメ(庭梅)とも呼ぶそうです。

20150411syouka.jpg

生けている最中につぼみがポロポロとれちゃって気になりました。



今回のリンショウバイは「スジモノ」という、線を強調する生け方の花材です。

線を強調するということで、生ける本数を多めにしています。


・真(しん)    (1本)

・真の前あしらい  (2本)

・真の後ろあしらい (1本)

・さしのぼり    (1本)

・副(そえ)    (1本)

・副内(そえうち) (2本)

・体真(たいしん) (1本)

・体真の前あしらい (1本)

・体真の後ろあしらい(1本)

・体内(たいうち) (2本)

・体先(たいさき) (1本)

・体奥(たいおく) (1本)



書き出してみると、15本! 我ながらすごい本数です。ふう。

とはいえ、池坊の生花ですので何本生けても足元は1本に見えるようにしています。



20150411syouka2.jpg

お稽古ではつぼみでしたが、自宅で2~3日したら花が咲きました。





黒芽柳、アレカヤシ、アイリスの生花 [華道]

(池坊 生け花日記 第65・66・67・68・69・70回)

今回は3月の研究会の課題だった黒芽柳、アレカヤシアイリスの生花(しょうか)3種生けです。

2015-02-21syouka1.jpg
芽が黒いから黒芽柳。わかりやすいです。(画像は練習2回目)

練習5回と本番1回ということで合計6回生けたんですが、難しかった。orz

黒芽柳はかなり自由に曲げられるんですが、逆にいうときっちり綺麗な曲線をださないといけません。
対してアレカヤシはほとんど曲げられないので、基本的には花材のもつ曲線をそのままいかすしかありません。

でも全体としては黒芽柳とアレカヤシの曲線をそろえないといけないという、なんとも悩ましい課題。

2015-03-07syouka2.jpg
アレカヤシは綺麗に曲がっている葉っぱとまっすぐのびている葉っぱが1本のなかで混在している場合があるので要注意です。(画像は練習3回目)

2015-03-14syouka3.jpg
練習4回目。この回のアレカヤシは葉っぱが綺麗にそろっています。毎回こういう花材だといいんですけど。

2015-03-21syouka4.jpg
練習5回目。だんだんコツが分かってきましたが…。

アレカヤシは曲げられないんだから、アレカヤシの曲線を基準にして黒芽柳を曲げていけばいいような気もしますが、それだと生ける順番が逆になるのでやりづらいし。

やはり黒芽柳の曲線を基準にして、アレカヤシは剣山にさす位置や角度で調整するしかないのかな~とか思ってみたり。

今回の生花は結論が出ないまま終わってしまいました。


で、本番の研究会では「黄色」をいただきました。

2015-03-22syouka5.jpg


桜、ガーベラ、ブルーパールの盛花(もりばな) [華道]

(池坊 生け花日記 第64回)

今回はいよいよ春っぽい花材ですよ。
桜、ガーベラ、ブルーパールの盛花(もりばな)です。

2015-02-07moribana.jpg
白っぽい花器ならもっと軽やかな感じになったかも。

やっぱり、桜が入ると「春!」って感じでいいですね。
桜のピンクとガーベラの黄色が暖色系、ブルーパールの青が寒色系でバランスがうまくとれていると思います。
花屋さん、ナイスセレクトです。

彩度も桜の淡いピンク、ブルーパールの淡い青が同じくらいでバッチリです。
ガーベラの黄色がちと原色に近いですが、アクセントと考えればOKかな、と。

葉っぱが少ない花材だったので足元を隠すが大変でしたが、全体的にいい感じに仕上がったと思います。


サンシュユの生花(しょうか)1種生け [華道]

池坊 生け花日記 第63回)

今回はサンシュユの生花(しょうか)1種生けです。
サンシュユは「サンシュ」、「山茱萸」、「山洲」といろんな表記があるみたいです。

2015-01-30syouka.jpg
この季節の花材は堅いので曲げるのが結構大変です。

見るのも、生けるのも初めての花材なので、ちょっとネットで調べてみました。
日本には江戸時代に入ってきて、果肉は生薬の原料になるそうです。
効能は強精薬、止血、解熱作用だとか。
また、春の季語だそうですよ。

生け方は生花(しょうか)なので、いつも通りです。
・真(しん)で3本
・副(そえ)で3本
・体真(たいしん)1本
・体先(たいさき)1本
・体内(たいうち)2本

体内は花の付き方がいい枝があれば、別に2本でなくてもいいみたいですが、今回は2本入れました。

写真だと奥行き感がなくなってしまうので、枝の本数がよくわからないですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。