So-net無料ブログ作成

松園と華麗なる女性画家たち [美術館・博物館・展]

恵比寿の山種美術館で開催中の特別展 上村松園 生誕140年記念『松園と華麗なる女性画家たち』を見にいってきました。

syoen1.jpg

上村松園(うえむら しょうえん)とは大正から昭和にかけて活動した女性の美人画家です。

「清らかな色気や気品」、あるいは「飾り気のない美しさ」が感じられて管理人が大好きな画家です。

今回、購入した公式図録の冒頭に上村松園のことばが掲載されています。曰く、

私は大てい女性の絵ばかり描いている。
しかし、女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。
一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである。

なるほど。
確かに本人のことばどおり、松園の作品に出てくる女性はどれも凜とした雰囲気をもっている気がします。

syoen2.jpg
『庭の雪』昭和33年 山種美術館 公式図録より

画像だと全然わからないですけれど、髪の毛や髪の生え際のぼかしなど、とても丁寧に描かれています。
加えて髪の毛は、印刷用語で言うところのリッチ・ブラックのような深みのある黒が使われていて、やはり女性画家ならではの髪へのこだわりがあるのかもしれません。
とにかく、黒髪がすごくきれいです。

syoen3.jpg
『つれづれ』昭和16年 山種美術館 公式図録より

着物や帯の文様は、もちろん全部手書き(!)です。
細かい部分とは対照的に着物全体は均一に単色で塗られています。
光があたって明るい部分も、影になって暗くなる部分も描いてありません。シワだけは書き込まれていますが、全体的には平面的な印象です。
でも違和感なく見えてしまうところが日本画の面白いところですね。


山種美術館は、創立者の山﨑種二が松園と親しく交流していたそうで、松園の作品を18点所蔵しているそうです。
都内はもちろん、たぶん東日本では一番の収蔵数ではないかなあ、と思います。
今回の催しではその全てを見ることができますので、おすすめです!
6月21日まで。

山種美術館 公式ページ
『松園と華麗なる女性画家たち』


バラとオクラレルカの生花 [華道]

(池坊 生花日記 第73回)

今回はバラとオクラレルカの生花(しょうか)です。
オクラレルカの葉っぱはアヤメやカキツバタにそっくりですね。

ネットで調べたら沖縄県の大宜味村がオクラレルカの栽培で有名なんだそうです。
じゃあ、この葉っぱもはるばる沖縄からやってきたんでしょうか。

20150425syouka.jpg
緑と赤の組み合わせがちょっと強烈です。反対色の組み合わせですし。

オクラレルカの葉っぱは先端が必ずどちらかに曲がっています。
曲がっている方向を合わせてペアで使います。

20150425syouka2.jpg

葉っぱの先端が曲がっているという特徴はアヤメもカキツバタも同じです。
先端が必ず曲がっているなんて、生け花を始めるまで全然気づきませんでした。


そういえば、そろそろ明治神宮御苑の花菖蒲の季節ですね。
運がよければタヌキにも会えますし、明治神宮はおすすめですよ。

明治神宮花菖蒲特集ページ(明治神宮 公式サイト)





リアトリスの生花 [華道]

(池坊 生け花日記 第72回)

今回はリアトリスの生花(しょうか)7本生けです。

20150418syouka.jpg
爪で曲げる作戦がうまくいきました。爪が黒く汚れるのがデメリットですが(笑)

たしか、去年もいまごろ生けた記憶があります。
去年は初めてだったので曲げるのにだいぶ苦労しました。

リアトリスは弾力がない硬い茎なので、ヤナギみたいには曲げられません。そこで、今年は親指の爪を使って茎に「切り込み」を入れて曲げてみました。
もちろんやり過ぎると折れちゃうわけですが、個人的にはうまくいったと思っています。
これからリアトリスはこうやって曲げよう。

ちなみに去年の作品はこちら。上の画像と比べるとやはり1本1本が直線的で、曲げきれていませんね。

004-ikebana-syoka.JPG
画像ではわかりにくいですがこちらは9本生けです。




リンショウバイの生花 [華道]

(池坊 生け花日記 第71回)

今回はリンショウバイの生花(しょうか)です。
更新が滞っていましたので、だいぶ前に生けたネタになっちゃいましたけど(汗)

リンショウバイは漢字では「林生梅」と書くそうで、ニワウメ(庭梅)とも呼ぶそうです。

20150411syouka.jpg

生けている最中につぼみがポロポロとれちゃって気になりました。



今回のリンショウバイは「スジモノ」という、線を強調する生け方の花材です。

線を強調するということで、生ける本数を多めにしています。


・真(しん)    (1本)

・真の前あしらい  (2本)

・真の後ろあしらい (1本)

・さしのぼり    (1本)

・副(そえ)    (1本)

・副内(そえうち) (2本)

・体真(たいしん) (1本)

・体真の前あしらい (1本)

・体真の後ろあしらい(1本)

・体内(たいうち) (2本)

・体先(たいさき) (1本)

・体奥(たいおく) (1本)



書き出してみると、15本! 我ながらすごい本数です。ふう。

とはいえ、池坊の生花ですので何本生けても足元は1本に見えるようにしています。



20150411syouka2.jpg

お稽古ではつぼみでしたが、自宅で2~3日したら花が咲きました。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。