So-net無料ブログ作成

サンシュユの生花(しょうか)1種生け [華道]

池坊 生け花日記 第63回)

今回はサンシュユの生花(しょうか)1種生けです。
サンシュユは「サンシュ」、「山茱萸」、「山洲」といろんな表記があるみたいです。

2015-01-30syouka.jpg
この季節の花材は堅いので曲げるのが結構大変です。

見るのも、生けるのも初めての花材なので、ちょっとネットで調べてみました。
日本には江戸時代に入ってきて、果肉は生薬の原料になるそうです。
効能は強精薬、止血、解熱作用だとか。
また、春の季語だそうですよ。

生け方は生花(しょうか)なので、いつも通りです。
・真(しん)で3本
・副(そえ)で3本
・体真(たいしん)1本
・体先(たいさき)1本
・体内(たいうち)2本

体内は花の付き方がいい枝があれば、別に2本でなくてもいいみたいですが、今回は2本入れました。

写真だと奥行き感がなくなってしまうので、枝の本数がよくわからないですね。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。